医師が働く場合に勤務地を重視する理由

夜中のオンコールに対応できる勤務地かどうか

病院で勤務する医師は、病院にいないときも緊急時には病院に呼び出されることがあります。特に救急車が搬入される可能性がある病院では緊急呼び出しがあることが通常です。これを、業界用語でオンコールと言いますが、医師はオンコールがあれば、すぐに対応できる場所に住んでいる必要があります。
そのため、医師が求人を探すときは、オンコールに対応できる勤務地かどうかがポイントになります。オンコールの規定は、病院によって異なりますが、多くの病院ではオンコールから30分以内に病院に入って対応することや半径5キロ以内に居住することを求めています。医師が、求人を探す場合は居住地から30分以内の通勤圏内であることが一つの目安になるでしょう。

医師としての仕事観を満足させる勤務地かどうか

医師としての働き方は、医師個人の仕事観に大きく影響されます。そのため、医師は自分の働きたい働き方によって勤務地を選ぶことも多いです。例えば、医師として最前線で働きたいという医師もいれば、地域住民に寄り添ってのんびりと医療を提供したいと考えている医師もいます。
勤務地が、都市部であればより前者の働き方が可能で、地方であれば後者の働き方が可能といえます。なぜなら、都市部には救急病院が多くあり常に緊張感漂う現場での仕事が可能となります。また、大学病院なども多く、最先端の医療を学び研究することが可能です。
勤務地が地方であれば、地域の実情に応じてゆったりとした仕事が可能です。高齢者が多い地域の診療所では、健康管理や慢性疾患の管理が主な仕事となります。患者と長期間付き合いながら信頼関係を築いていく働き方ができます。